銃を乱射するイメージを無くしたい韓国・芸能・経済・IT関連・スポーツ・海外等のジャンルで興味が沸いた最新ニュースや、面白いと話題をまとめています。 詳しく知りたいニュースや過去のニュースを知りたい方、いらっしゃいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




TOPスポンサー広告スポンサーサイト | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ

銃を乱射するイメージを無くしたい韓国

 チョ容疑者の行動は確実に韓国のイメージを悪くしましたね。気がかりなのは、アジア以外の国民が、アジア系の顔を見て国がわかるのかっていう疑問があります。
日本人なのに韓国人だと思われてイジメられたりしたらかわいそうです。

韓国、国際的に“韓国イメージ”広がらないよう対応 米大学乱射

チョ

 【ソウル=黒田勝弘】米バージニア工科大での銃乱射事件の犯人が韓国人学生だったことに韓国は大きな衝撃を受けている。そして米国社会で韓国人に対する報復など、反韓感情が起きないか不安を募らせている。政府は盧武鉉大統領が直ちにブッシュ大統領に「慰労と哀悼」の電報を送ったほか、官民挙げて粛然とした雰囲気だ。

 その一方で政府やマスコミ、識者は事件について「人種問題ではなく個人的事件だ」「事件の本質は銃器所有」などとし、できるだけ国際的に“韓国イメージ”が広がらないよう懸命だ。

 一部では最近、合意したばかりの米韓FTA(自由貿易協定)や韓国が期待しているビザ免除問題などを含め、修復しつつある米韓関係に悪影響が出ないか懸念する声も聞かれる。

 韓国国民にとって米国は日ごろからきわめて身近な存在だ。在米韓国人は不法滞在者を含め250万人に上るという(韓国マスコミの推計)。韓国国民の20人に1人は米国に親戚(しんせき)がいることになる。移民のほか、近年は英語教育ブームで親子による渡米など留学も急増している。

 全米で韓国人留学生は約6万人。事件が起きたバージニア工科大には約1000人の韓国系学生が在籍しているという。

 犯人の韓国人学生は1992年、8歳の時に父母と渡米。韓国国籍ながら永住権を持っていたという。幼少時に渡米し米国で育った世代は、韓国生まれの1世と米国生まれの2世の中間で“1.5世”といわれる。

 この世代の米国社会への適応不足に事件の原因を求める見方もあるが、家族ぐるみの移住者など在米韓国人には固まって居住する傾向が強く、そのことが米国社会への適応を難しくしているとの見方もある。

 事件を機に、在米韓国人の中心居住地のひとつである西海岸のロサンゼルスで、韓国人たちが緊張していると伝えられる。多数の韓国人商店が黒人やヒスパニック系に襲われた“ロス暴動”から15周年になるからだ。

 しかし、米国では近年、韓国人の活躍が目につく。ゴルフやアメリカン・フットボールなどスポーツ界から芸能界、学界など…。そうしたプラス現象は韓国では「韓民族のパワー」としてたたえられているが、存在感が高まればそれだけ韓国人がらみの事故、事件、不祥事などマイナス現象も付随するということだろう。(引用:iza

 バージニア工科大だけでも、約1000人の韓国系学生が在籍しているんですね。この約1000人の学生が不当な応対や差別をされないことを望んでいます。
 人種に関係なく悪いことをする人はいますので、そういったことを考慮して接してほしいです。

スポンサーサイト




TOP海外銃を乱射するイメージを無くしたい韓国 | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。