ユーチューブ(YouTube)で不正アクセス問題・芸能・経済・IT関連・スポーツ・海外等のジャンルで興味が沸いた最新ニュースや、面白いと話題をまとめています。 詳しく知りたいニュースや過去のニュースを知りたい方、いらっしゃいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




TOPスポンサー広告スポンサーサイト | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ

ユーチューブ(YouTube)で不正アクセス問題

 YouTubeでアクセス数の多いサイトについて報酬がもらえるようになるかもしれないということになり、自動クリックツール等を使い、別に興味の無い動画が上位に表示されてしまっているという事態が起きている。

自動アクセスで「人気爆発」 ユーチューブ上の「不正」深刻

youtube

インターネット動画サイトのYouTube(ユーチューブ)で、不正にアクセス数を増やして人気を煽る手口が横行し、米国で論争を呼んでいる。ロサンゼルス・タイムズのWeb版(2007年5月3日)が報じたもので、ほかにもいわゆる「やらせ」でランキング上位を狙う手口も紹介された。クリック広告のほかに、動画サイトでも「不正アクセス」が深刻な問題になりそうだ。

ロサンゼルス・タイムズによると、「グリーンティー・ガーリー」という若い女性が短くあいさつするだけの動画が登場初日に17万アクセスを記録した。動画の女性は緑茶の販売員で、友人の大学生が投稿した。自動的にアクセスを繰り返すプログラムの利用などを使って、人為的にアクセスを増加させた。

 「ネット広告のすべて」などの著書がある日本総研の紅瀬(こうせ)雄太・主任研究員は今回の「不正アクセス」について、以下のように指摘した。

――動画投稿サービスは、日本では今から伸びていく分野だ。ユーチューブの今回のような例は、動画サービスに限れば国内では聞いたことはないが、ネットサービス全体で見れば珍しくない。今回の報道は氷山の一角で、すでに国内でも起きている可能性もある。

 ネット広告の場合は、自動的にクリック数を増やすソフトなどを使う不正は多く、防ごうとするサイト管理者といたちごっこになっている。「やらせ」についても、企業側から金銭をもらいながら、それに触れずにブログでその企業の商品についての話を書く行為などが問題となっている。ユーチューブでもおカネがもらえるようになれば、ネット広告と同じ事態は予想できるし、国内の動画サービスでも同様の事態が起こる素地は十分にある。

 また、対策について紅瀬さんはこう考えている。「自動クリック」などはサイト管理者の対応に期待するしかないが、「やらせ」に近い仕掛けについては「正体」をどこかで明らかにすべきだ、とする。利用者の不信感を招くからだ。 (引用:J-CAST ニュース

自動クリックもどこまでが不正なのか線引きは難しい。J-CASTニュースでも2006年5月、不正クリックとみられて広告を削除されて驚く人たちがいることを報じている。

 自動クリックツールについては詳しくないが、プロキシサーバーを変えながら自動クリックするツールがあれば調べるのはかなり難しそうですね。
その場合、レンタルプロキシサーバーのIPは全て無効とかにするのかな?でも、セキュリティの為にやっている人達はどうなるのかと考えると対応まではしばらく時間がかかると思う。

スポンサーサイト




TOPインターネット・電子機器ユーチューブ(YouTube)で不正アクセス問題 | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ
Copyright © 最近の気になるニュースまとめサイト All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。