漫湖に「悪臭の森」 !?・芸能・経済・IT関連・スポーツ・海外等のジャンルで興味が沸いた最新ニュースや、面白いと話題をまとめています。 詳しく知りたいニュースや過去のニュースを知りたい方、いらっしゃいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




TOPスポンサー広告スポンサーサイト | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ

漫湖に「悪臭の森」 !?

 漫湖に悪臭が漂うとは非常に残念です。以前、沖縄に旅行に行ったときには車で横を通っただけですので、異臭には気付きませんでしたが、漫湖なだけに異臭は解決したいですね。

漫湖に「悪臭の森」 マングローブ異常繁殖

manko

 市街地に広がる干潟として知られる沖縄県の漫湖(那覇市、豊見城(とみぐすく)市)で、マングローブが異常繁殖し問題となっている。根元にからむゴミの悪臭や激変した景観…。ラムサール条約に登録された国内有数の野鳥飛来地の激変を受け、環境省は今月中にも調査に乗り出す。

 マングローブは熱帯や亜熱帯の湿地帯、干潟に生育する耐塩性樹木の総称。かつて漫湖は生活排水などの汚染で、昭和61年の水質が全国ワースト5だったが、その後は河川の浄化などで徐々に改善した。  しかし近年、マングローブが急増し問題の種に。原因は分かっておらず、同省那覇自然環境事務所の渡辺雄児さん(31)は「鳥が休息に使うなどマングローブは無用ではなく、バランスが大事」と話している。(引用:iza

 生態系は偏りがあると他にも影響してきますから、バランスって大事ですね。
しかし、水質を改善しようと進めているのに、マングローブのせいで異臭が漂うなんて皮肉な出来事ですね。

スポンサーサイト




TOPノンジャンル漫湖に「悪臭の森」 !? | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ
Copyright © 最近の気になるニュースまとめサイト All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。