紙おむつで募金・芸能・経済・IT関連・スポーツ・海外等のジャンルで興味が沸いた最新ニュースや、面白いと話題をまとめています。 詳しく知りたいニュースや過去のニュースを知りたい方、いらっしゃいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




TOPスポンサー広告スポンサーサイト | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ

紙おむつで募金

 パンパース履き心地がいいですね!私も2日に1日はパンパース履いています(嘘)
パンパースが売り上げ1個につき、7円ユニセフに寄付するみたいです。カンボジアの破傷風根絶プロジェクトをするそうです。恵まれない人達に寄付をするのっていいことですね。


以下ライブドアニュース引用

大手日用品メーカーのP&G日本法人(兵庫県神戸市、ラヴィ・チャタベディ社長)は23日、日本ユニセフ協会(東京都港区、澄田智会長)と連携して、同社製品の売り上げを開発途上国に寄付するキャンペーンを始めると発表した。2月1日から。 同キャンペーンは、P&Gの幼児向け紙おむつ「パンパース」の売り上げを、1個につき7円ユニセフに寄付するというもの。(提供:ライブドア・ニュース

ユニセフとパンパースがタイアップキャンペーンを実施

【ライブドア・ニュース 2007年01月23日】- 大手日用品メーカーのP&G日本法人(兵庫県神戸市、ラヴィ・チャタベディ社長)は23日、日本ユニセフ協会(東京都港区、澄田智会長)と連携して、同社製品の売り上げを開発途上国に寄付するキャンペーンを始めると発表した。2月1日から。

 同キャンペーンは、P&Gの幼児向け紙おむつ「パンパース」の売り上げを、1個につき7円ユニセフに寄付するというもの。これは、破傷風ワクチン1回相当額に当たり、集まった寄付金はカンボジアの母親と新生児の破傷風根絶プロジェクトに使われる予定。P&Gは3月31日まで2カ月間のキャンペーン実施で、寄付金額が2000万円以上になると見込んでいる。

 同日、東京都港区のユニセフハウスで行われた説明会では、ユニセフ東京事務所の永島路子広報官が「内戦の影響で予防接種を受けられなかった子どもが大きくなり、妊娠・出産する年齢になった。母親が子どものころに(予防接種を)受けていると、新生児も破傷風から守られる」と報告。カンボジアで破傷風は深刻な問題で、年間で150-200人の新生児が命を落としており、予防接種の必要性を訴えた。同プロジェクトは、産前検診に来る女性が7割という現状をふまえ、妊娠可能な年齢に達した女性に対象を広げて実施する。

 また、パンパースを購入しなくても、郵便振替で寄付することも可能。詳しい方法は、ユニセフとパンパースの共同開設ウェブサイトまで。【了】
スポンサーサイト




TOP経済紙おむつで募金 | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ
Copyright © 最近の気になるニュースまとめサイト All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。