新振り込め詐欺・芸能・経済・IT関連・スポーツ・海外等のジャンルで興味が沸いた最新ニュースや、面白いと話題をまとめています。 詳しく知りたいニュースや過去のニュースを知りたい方、いらっしゃいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




TOPスポンサー広告スポンサーサイト | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ

新振り込め詐欺

 振り込み詐欺の応用版ですが、巧妙ですね。携帯の声って実際に会って聴く声と違いますし、多少声が違ってもつじつまがあえばあまり気にならないですよね。まだ、このニュースは広がっていないと思うので、即広めて各家庭で用心してほしいでしね。

以下ライブドアニュース引用

 「『携帯電話の番号が変わった』と言われたのをうのみにした」――。昨年12月25日に山形市の無職の男性(62)が315万円の被害に遭ったおれおれ詐欺事件は、携帯電話という最も簡単な本人確認手段を無効にする、単純だが巧妙な手口だった。 山形署によると、男性方に連絡が入ったのは、同日午前8時ごろ。県内で1人暮らしをしている二男(26)を名乗る男の声で、まず「携帯電話の番号を変えた」と、新しい番号を教えられた。男性は変更を信じ書き留めた。(提供:毎日新聞(地方)

 「『携帯電話の番号が変わった』と言われたのをうのみにした」――。昨年12月25日に山形市の無職の男性(62)が315万円の被害に遭ったおれおれ詐欺事件は、携帯電話という最も簡単な本人確認手段を無効にする、単純だが巧妙な手口だった。

 山形署によると、男性方に連絡が入ったのは、同日午前8時ごろ。県内で1人暮らしをしている二男(26)を名乗る男の声で、まず「携帯電話の番号を変えた」と、新しい番号を教えられた。男性は変更を信じ書き留めた。その後、「仕事で経理ミスをして会社に損害を与えてしまった」などと怪しげな話が始まった。

 電話を切った後、改めて連絡をとるのが通常の対処方法だが、新しい番号に電話しても「にせ二男」が出るだけ。二男は固定電話を持たず、「経理ミス」が事実であれば会社にも電話しにくい。結局、本人確認をすることなく、金を振り込んでしまった。翌26日、男性は親せきから詐欺の可能性を指摘された。そこで勤務先の会社に連絡して本人と直接話し、だまされたことが分かった。二男の携帯番号は、変わっていなかった。

 山形署は「送金前に確実に本人に連絡をとれば、被害を防げる。気をつけてほしい」と話している。【大久保渉】

スポンサーサイト




TOPノンジャンル新振り込め詐欺 | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ
Copyright © 最近の気になるニュースまとめサイト All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。