YouTubeでは違法動画はさほどない?・芸能・経済・IT関連・スポーツ・海外等のジャンルで興味が沸いた最新ニュースや、面白いと話題をまとめています。 詳しく知りたいニュースや過去のニュースを知りたい方、いらっしゃいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




TOPスポンサー広告スポンサーサイト | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ

YouTubeでは違法動画はさほどない?

 個人的に見る動画は音楽のPVが多いんですけどね・・・TV放送されたものもけっこう動画ありますし・・・それでも違法動画って少ないんでしょうかね。

YouTubeでは違法動画はそれほど見られていない?

「著作権所有者の許可なしにアップロードされていたものは10件に1件にも満たなかった」という調査結果に、メディア各社はこぞって異論を唱えている。(ロイター)

 著作権所有者の要請を受けて、米YouTubeのオンライン動画共有サービスから削除された動画の視聴率はもともとそれほど高くない――。今週、そうした調査結果が発表され、メディア各社がこの結論にこぞって異論を唱えている。

 オンラインの動画ランキングを追跡しているVidmeter.comが行った調査によると、Google傘下のYouTubeサイトに置かれている動画のうち、著作権所有者の許可なしにアップロードされていたものは10件に1件にも満たなかったという。また、YouTubeから削除された違法クリップの視聴率は6%にすぎなかったという。

 だがメディア各社は、この調査は違法コンテンツとして削除された動画しか計算に入れておらず、そのほか数多くの著作権付きコンテンツ(その多くは違法クリップの複製版)は数に含まれていない、と反論している。

 著作権付きコンテンツをめぐっては、MTV Networksの親会社であるViacomが今年3月、GoogleとYouTubeを相手取り、10億ドルの損害賠償を求めて起こした訴訟が注目されている。Viacomの主張は、GoogleとYouTubeは「大規模かつ意図的な著作権侵害行為」を行っているというもの。最近、メディア業界では全般的に、Googleの影響力に対する懸念が高まっている。

 「YouTubeの人気動画のうち、違法コピーされた動画が占める比率は比較的小さく、視聴率も低いということが分かった」とこの調査報告書の作成者は記述している。

 Viacomは、この調査の結論と方法論には「欠陥がある」と非難している。非公式ながら、メディア業界の別の関係筋もこの結論に異議を唱えている。

 Viacomの広報担当者はメールで配信した声明文で、「Vidmeterの調査は、YouTubeに置かれている違法コンテンツの量を実際よりかなり少なく数えている」と語っている。

 「何より、サンプル期間中にせよ、今現在にせよ、自分の著作権付きコンテンツの削除要請をまだ送っていない著作権所有者が大勢いるという事実が考慮されていない」と同担当者。

 Vidmeterによると、同社はYouTubeが削除した動画(そうした動画のページはコンテンツ所有者の名前で置き換えられている)を数えただけで、今でも同サイトで提供されている動画については計算に入れていないという。

 例えば、Viacomの人気アニメ番組「South Park」の動画は、YouTubeが10万本以上のクリップを削除したにもかかわらず、いまだにYouTubeサイトで見つけることができる。

 Viacomは次のように語っている。「YouTubeのサイトでは、著作権所有者が自分の著作権付きコンテンツをすべて見つけ出すことができないようになっている。だから、いくら強固に削除要請を行っても、かなりの量の著作権付きコンテンツが見過ごされることになってしまう」

 今回の調査結果は、2006年12月から4カ月にわたり、動画クリップとその利用状況を追跡した上で、YouTubeで最も視聴率の高い上位6725個の動画クリップを対象にまとめられたもの。

 調査リストに載った動画のうち、ViacomやTime Warner、News Corp.、Walt Disneyといった著作権所有者の要請を受けて削除されたものは約9.23%だった。

 また調査対象となった動画のうち、Viacomが著作権を所有するものは約2%だった。また一般的な認識とは反対に、この調査報告書では、音楽ビデオが高い視聴率を記録している。

 「ただし、こうした欠陥はあるにせよ、この調査は少なくとも、“YouTubeで行われている大規模な著作権侵害行為については認識していない”とするGoogleの主張は覆せる」とViacomの広報担当者は語っている。

 YouTubeからのコメントはすぐには得られなかった。

 そういえば気に入った動画をお気に入りに保存しておいて、後日また見ようと思ったら動画が削除されているということがたびたびあるんですが、著作権の侵害ということで削除された動画が約9.23%とは思ったより少ないです。
 もしかして私が著作権のかかった違法的な動画ばかり見ているのかもw

引用:ITMedia

スポンサーサイト




TOPインターネット・電子機器YouTubeでは違法動画はさほどない? | 最近の気になるニュースまとめサイト←トップページへ
Copyright © 最近の気になるニュースまとめサイト All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。